大地震を経験しての忘備録1/情報を得る大切さ

まだまだ、被害は拡大しています。

ですが、まだ救助を待っている方も沢山いるはず!

救助を待たれている方、心を強く持って救助を待って下さい。

希望を捨てずにいて下さい。

自衛隊をはじめ、海外の救援隊の方々も一生懸命皆さんを探しています。

大丈夫。



地震時、私は千代田区の会社にいました。

最初に揺れを感じ、

「いつもの弱い地震だろう」

と、余裕でいたら、地震が終わらない。

終わるどころか急に大きくなってきて、思わず外へ。

そして、地震の揺れは最高潮に。

道路にいるのにグラグラ揺れるなんて、初めての体験でした。

会社の裏にある細長いビルが、右に左にグラグラと揺れる様子は

とにかく恐ろしい景色でした。


周りのオフィスからも人々が出て来ていました。

悲鳴を上げる女性や、周囲のビルを見上げる男性。

携帯でワンセグ(テレビ)を見る人もいました。


こういう状況の中で感じたことがあるので

備忘録として残そうと思います。

(まだ続いている余震や、今後起きるであろう東京直下型地震の為に)


まずは情報を得る手段は本当に必要だと実感しました。

会社の中にはテレビがありましたが、古い建物なので崩れたりするのが

怖いし、余震はあるしで、なかなか戻れませんでした。

持ち運べるラジオがあるといいなと思いました。

ワンセグを観られる携帯もあればいいかと思いましたが、

携帯は連絡を取る手段になるので、出来るだけ電池の消耗は

避けるべきだとも思いました。


そしてその携帯ですが、全く通話出来ませんでした。

以前から言われていましたが、実際にそうなると本当に困りますね。

家族と連絡が取れないのが、一番不安でした。

こういう場合、一番つながりやすいのは公衆電話だそうです。

(現に公衆電話の前には行列が出来ていました)

次が固定電話、携帯は最も使えなかったアイテム。

メールは使えましたが、大きなタイムラグがありました。


そんな中、今回一番役に立ったのがスマートフォンとTwitterでした。

携帯は直接連絡を取る為に電池を温存(というか、使えなかった)。

そこでスマートフォンを確認したら、

インターネットを見ることができました。

回線が違うのでしょうか?

理由は分かりません。

とにかく、インターネットを見ることが出来、Twitterで情報収集が

出来たのです。

今までTwitterをここまで有効だとは思ったことはありませんでした。

ですが、今は断言できます。

Twitterをまだ始めていない方は、この機会に始めてみることを

お勧めします。


今も被災地で電話が通じなくて連絡が取れない人に、

間に沢山の人を介して本人や近くの人にメッセージが届いたりしています。

Twitterをされている多くの有名人、識者が、有益と思われる情報を拡散

したりしています。

行方が分からない人を探して、拡散してもらい、無事が確認したりしています。

今後もスマートフォンが繋がるか分かりませんが、繋がればTwitterも

見ることができます。


デマも流れましたが、きちんと出所を確認すれば

有益な情報が手に入ります。

今回も、沢山の人たちが、テレビなどで得た情報を流してくれました。

また、自分が見たことを知らせることも出来ます。

(例えば「この場所にいる」とか

「ここのお店が帰宅支援をしてくれている」など)


この経験から、相方と私はまず携帯を試してみて、

ダメならTwitterで連絡を取ろうと決めました。

先日会社から帰宅する際も、JRなどが運行を取りやめた事などを

Twitterで知り、早くに車に切り替えて動くことが出来ました。

(私の携帯は古いので、ワンセグが見られません)

慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れておけば役に立つことは多いと

思います。


携帯(iモードやez webなどのネット接続)でも出来ると思いますが、

他の電波を使っているのでなければ、携帯の電話がつながらないのと一緒で

使えないかもしれません。

その辺は不明です。

もちろん、ネット回線だってダメになれば使えませんが、その時には

携帯も使えないはずなので、仕方ないです。


ということで、もし可能なら検討してみて下さい。

普段も色々な情報が入って来ますし、緊急連絡時のみに利用するとか

家族だけで登録・フォローしあうという使い方もありかもしれません。

mixiなどのSNSは、自分で知りたい情報まで辿らないといけませんが、

Twitterは自動的に流れて来てくれます。

自分が必要としている情報を流してくれる人(会社・団体)などを

フォロー(その人の発言を自分の所に流れるようにする)しておくと、

自動的に流れてきます。


いつもコメントを下さる方や、リアル友の方。

もし始めたら私にIDを教えて頂けると嬉しいです。

相互にフォローしあうと、ダイレクトメッセージというメッセージを

直接送れるようになりますし、連絡を取りあうことが出来ます。

今回を機に考えてみて下さい。

ちなみに、本名でなくても登録できます。


長くなりましたが、こういう情報の得方もあるというお話でした(笑)


続きはまた明日。



ボクもお鼻スンスンして、お友達の情報を探してるんだよ

R0011478.jpg




comment

管理者にだけ表示を許可する

我々のように年寄りになるとチンプンカンプンで乗れそうもありませんが 何らかの方法を日頃から考えなくてはと思いましたよ 家族との連絡がつくまでお互いに心配しましたし。毎日涙していますよ

Re: タイトルなし

やっぱり難しそうですか…。
とにかくこれを機に、連絡の取り方や集合場所などを再確認する必要はありますね。
卑弥呼さま。
少し深呼吸して、リラックスしましょう。
私も不安で一杯ですが、今は私たちが元気でいなくてはいけませんから。
色々大変ですが、一緒に元気に生き抜きましょうね。

今日相方の携帯電話かつて着ましたよ 今使い方教えています まるちゃんおコメなくなったら我が家今゜150キロあるからね 年間まとめて買うのよ 安心してね

Re: タイトルなし

卑弥呼さま

父さん、早く携帯電話の使い方慣れてくれるといいですね。
でもこれで少し安心!ですね。

ワーイ!
万が一どうしても手に入らなくなったら、お願いするかもしれません。
ペットシーツも遠慮なく言って下さいね。

私もツイッターはやってますよ。
ブログをそのまま流しているだけですが・・・

災害の時には、公衆電話が一番つながるというのは
阪神大震災の時に知りました。
私の仕事の本社が神戸にあったので
社長をはじめ、スタッフの安否が心配で
東京のスタッフと一緒に、電話をかけて大変な思いをしました。

でも、今回の災害の方が格段大きなものになってしまい
毎日報道を見るたびに、何度も涙が出てきます。
P/☆/

Re: タイトルなし

いぬの絵描き様

ツィッターされてるんですね。
お子さん達もされているのなら、非常時に連絡を取る方法がひとつ増えて、ちょっと安心ですね。
災害伝言板も、電話がつながらないと役に立たないですしね…。

私も自宅待機で、観なくてもいいのですが、情報を入れておかないと不安でテレビをつけているのですが、被災者の様子や津波の様子をみると、悲しくなるしむなしくなってきます。
テレビを通じて(被災者でないのに)PTSDになってしまう人もいるそうなので、気を付けないといけないなと思っている所です。
お互いに復興の為にも、元気にいないといけませんもんね。

頑張りましょう。
プロフィール

うなの まるこ

Author:うなの まるこ
日々の出来事、美味しいモノ、
ペット etc・・・。
ひとつのことを追求するタイプではないので、色々なことを綴っていきます。
チワワ×ペキニーズの愛犬も登場します。

更新を続ける励みになります。
ポチッと応援して頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
愛犬プロフィール
最近の記事
過去の記事
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
QRコード
QRコード
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード