続く断捨離気分

寒い日が続いているせいか、またまた体調が優れない日が

続くようになってきました。

何なんだろう?

疲れ?

ストレス?

それともどっか悪いのか?

わかりませぬ…。

去年も春に腰が悪くなる前はこんな調子だったなぁ。

このままで、自分の思っている事を頑張れるのだろうか?

などとブルーになりつつ、毎日頑張るワタシでございまする。


そして細々とながら、断捨離気分が継続中(気持ちでは続けているつもり(笑))

体調が悪くなると、自分に何かあった時に残った人が困らないように

と思うのです。

母を送ってからそう思うようになりました。


今実家には、母が持っていた着物や習い事の道具などが色々残っていマス。

母は捨てる事が苦手な人でした。

その上幅広く興味を持っていたので、そういう色々なモノが…。

着物、お茶の道具、組紐の道具、美術展のポストカードやグッズなど。

逆に父はそういうモノがないので、母の物を片付けたら

ほとんど何もなくなるでしょう。

タンスひと棹あれば十分な位。

なんて極端な二人(笑)


とにかく母のモノが多く、じゃあいるものはどれかというと…。

成人式用に買ってもらった私の着物と、母の着物数枚、

後は私も使えそうなバッグや美術展のグッズなどの雑貨位でしょうか。

後の物は、母にとっては必要なモノ(好きだったモノ)でも、

残った者にとっては不要なモノというのが正直な所。

母には悪いけれど。


おば(母の妹)が亡くなった時、独身だったおばの家に行って

荷物を片付けて来た母が

「ほとんどゴミになった。あまり物を持っていなかったのに、

それでも相当の量になった」と言ってたっけ。

そして、その時に

「自分の持ち物も、他人にとってはゴミでしかないんだろう」とも。

そうなんですよね。

母もそれは分かっていた。

でも、なかなか整理出来ずに逝ってしまった…。


どれがどういうもので、大切な物はどれなのかなど、

事前に聞いておけば良かったのですが、闘病中も最期の瞬間まで

「自分は生きるんだ」と言っていたので、とても聞ける状況ではなかったのデス。


そして残ってしまった荷物の山。

私はそういう状況を2度も目にして来て、自分はそうならないようにと

思うようになりました。


それでも性格のせいか、なかなか処分することが出来ずにいた所に、

最近の「断捨離ブーム」がやって来て「処分するのは今だ!!」と。

実家にもまだまだ自分の荷物が残ってしまっているので、母のをするついでに

自分の荷物の整理もしていこうと思っています。


財産になるようなモノがあればいいけれど、そんなモノは皆無。

だから今使うモノだけを残して、後は処分(リサイクルなど)。


そうそう。

処分する時の判断基準として、いいことを耳にしたんだった。

それは

「見る(使う)と"テンションが上がるもの" "幸せな気持ちになれるもの"は

とっておく」というもの。

その考え方なら、使わないけれど大切にしているものとかを取っておけるし

判断がし易くなるではないですかっ!

よーし。

体調見ながら、進めていくのだ。

見てろよー!(って誰に?(笑))





その点、ボクはモノを持ってないから、良かったなぁ。

R0013318.jpg





comment

管理者にだけ表示を許可する

私も同じ考えなんです 母の着物は洋服に治してきていますが 限度があるよね

Re: タイトルなし

卑弥呼さま

母も着物は洋服にしたり、小物にしたりするといいと言っていましたが、難しいデス。
カビが生えたり、ダメになる前に処分(古着物屋さんに売るなど)しようと思っています。
もちろん、大事な思い出の品は取っておきますが。
プロフィール

うなの まるこ

Author:うなの まるこ
日々の出来事、美味しいモノ、
ペット etc・・・。
ひとつのことを追求するタイプではないので、色々なことを綴っていきます。
チワワ×ペキニーズの愛犬も登場します。

更新を続ける励みになります。
ポチッと応援して頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
愛犬プロフィール
最近の記事
過去の記事
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
QRコード
QRコード
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード